インフルエンサープロモーション

商品PRにインフルエンサー起用はリスクが大きい?成功のためのポイント

商品PRにインフルエンサー起用はリスクが大きい?成功のためのポイント

「インフルエンサーマーケティングをおこないたいがインフルエンサーにPRを任せてしまうのはリスクが大きく感じる」そんな風にお困りではないでしょうか?
このページでは商品PRにインフルエンサーを起用するメリットとリスク、PRを成功させるためのポイントについてご紹介します。
適切な施策内容にすることでインフルエンサーを起用した商品PRは大きな効果を生み出すことができますので、インフルエンサーの起用をお考えの企業担当者の方はぜひ参考にしてください。

まずは商品PRをインフルエンサーに依頼するメリットについてみていきます。

◇芸能人よりも身近なので利用に繋がりやすい

従来であれば商品PRは芸能人やモデルなどの著名人を起用するのが一般的でした。
芸能人を商品PRに起用する目的としては「こんな風になりたい」という憧れの目線を持たせていましたが、インフルエンサーは消費者(フォロワー)との距離が芸能人よりも近いため「この人が使っているのであれば安心」というイメージを持たせることができます。
このイメージの違いによってインフルエンサーを起用した商品PRは利用や購入に繋がりやすいという大きなメリットがあります。

◇フォロワーによる二次拡散を狙える

インフルエンサーが商品PRをおこなうとそのフォロワーはもちろんのこと、その投稿をみたフォロワーがシェアやリツイートなどの二次拡散を狙うことができるので、インフルエンサーの直接のフォロワー以外にも商品PRを届けることができます。
インフルエンサーマーケティングでは一般的にフォロワー単価で料金を算出しますので、フォロワー数以外にもリーチできる二次拡散は大きな効果を生み出します。

インフルエンサーに商品RPを依頼するリスク

インフルエンサーPR

続いてインフルエンサーに商品PRを依頼することのリスクについてご紹介します。
リスクは全くの0ではありませんが、ポイントを押さえて対策することでリスクを限りなく低くすることはできます。

◇炎上のリスク

インフルエンサーを起用してSNSで商品PRをおこなうとユーザーの二次拡散を狙える反面、その投稿をよく思わないユーザーにもその投稿が届くことになりますので悪意のある拡散や問題定義の拡散もされやすい特徴もあります。
また、情報を端的に捉えられる傾向も強いため、本来の意味や意図とは異なる解釈をされてしまい、その結果として炎上してしまうことがあります。
一度炎上してしまうと、投稿を消したとしてもその炎上は加速するケースが多く、インフルエンサー・PRを依頼した企業ともに非常に大きなイメージダウンとなってしまいます。

◇ステマと認識され今後の利用を避けられるケースもある

インフルエンサーマーケティングでは企業がインフルエンサーに商品PR等を依頼する際に、企業からの依頼であることを投稿に明記してPRをおこなうのでステマ(ステルスマーケティング)とは異なります。
しかし、企業からの依頼での投稿=ステマという誤った認識をしているユーザーが一定数いるため、そのユーザーは「ステマを依頼する企業だ」というイメージを持ってしまい、その投稿での消費行動はもちろんのこと、今後の利用までも避けられてしまう可能性があります。
また、通常の投稿でも商品紹介をおこなっているインフルエンサーに依頼する際は、PRの内容を全て企業が考えてしまうと、商品のいいところばかりを紹介する内容になってしまいがちなため、ステマと思われてしまう可能性が高くなります。

インフルエンサーによる商品PRを成功させるには

インフルエンサープロモーション

ここまで紹介してきた商品PRをインフルエンサーに依頼するメリットとリスクを考慮したうえで、インフルエンサーによる商品PRを成功させるためにはどのようなポイントに気を付けるべきなのを解説していきます。

◇インフルエンサーのフォロワー層を正しくリサーチする

インフルエンサーに商品PRを依頼する際にもっとも注力すべきポイントは起用するインフルエンサーのキャスティングです。
一般的に、インフルエンサーの獲得しているフォロワーは、そのインフルエンサーが普段投稿している内容に興味関心のあるユーザーです。
そのためインフルエンサーごとにフォロワー層が異なることになりますので、商品PRを依頼する場合はその商品に興味のあるフォロワーを獲得しているインフルエンサーをキャスティングすることで効果を最大限に高めることができます。

化粧品のPRを依頼する際に男性からの人気が高い女性インフルエンサーを起用しても、フォロワー数とコンバージョンは比例しません。
インフルエンサーのフォロワー層(男女比や年齢、興味など)を正しくリサーチして、PRする商品の特徴とマッチするフォロワーを獲得しているインフルエンサーをキャスティングしましょう。

◇効果測定をして商品PRの精度を高めていく

インフルエンサーを起用したPRのみではありませんが、商品PRは一度の施策で期待していたほどの効果が出ないこともあります。
最適な商品PRはどんな施策なのかを把握するために、そのため施策ごとにしっかりと効果測定をおこない、商品PRの精度を高めていくことが成功のためのステップです。
コンバージョンやKPIを中心に、インフルエンサーのキャスティングやPRをおこなう媒体(メディア)、PR方法など複数の項目で効果測定をおこないことで次回以降の商品PRでも高い効果を発生させることができるようになります。

◇専門会社に依頼して費用対効果を高める

現在インフルエンサーマーケティングの市場は非常に速いスピードで拡大しているため、人気インフルエンサーの元には多くの企業から商品PRやコラボの依頼が届いています。
そのため、中には全ての企業に対応の可否を連絡できていないインフルエンサーも出てきています。

そこで活用していただきたいのが、インフルエンサーマーケティング・キャスティングの専門会社です。
商品PRの内容に合わせて適切なインフルエンサーのキャスティング、PR方法、効果測定などを一括して依頼できますので、専門会社に依頼することでインフルエンサーによる商品PRを一度で成功させる確率を高めることが可能になります。
別途費用はかかってしまいますが、費用対効果を最大限まで高めるためには専門会社に一度相談することをおすすめします。

まとめ

商品PRをインフルエンサーに依頼するのは確かにリスクが0とは言えませんが、最適なPRにすることでリスクを抑えて高い費用対効果を生み出すことができます。
インフルエンサー を起用するメリットとリスクを精査し、ポイントを押さえたうえでインフルエンサーによる商品PRを成功させてください。