クチコミプロモーション

口コミプロモーション成功の秘訣!インフルエンサー起用のメリットは?

皆さんは口コミプロモーションというプロモーション戦略をご存知でしょうか?
口コミをうまく活用することで商品やサービスのプロモーションを大きく成功させることもできます。
このページでは口コミプロモーションを成功させるためのポイントや、インフルエンサーを起用して口コミを投稿してもらうことのメリットなどについてご紹介します。
プロモーションで期待しているだけの効果が出ていないという悩みをお持ちの方はぜひ参考にしてください。

まずは口コミプロモーションとはどんなものなのか、その概要についてご紹介していきます。

◇実際の使用者の口コミによるプロモーションのこと

口コミプロモーションとは実際の使用者による口コミを活用したプロモーション戦略のことを指します。
口コミプロモーションの中には2種類の方法があり、1つは商品やサービスの利用者の口コミを集めて自社でその口コミを活用してプロモーションをおこなう方法。
もう1つは商品やサービスの利用を依頼し、その口コミを自身のSNSやブログなどで発信してもらう方法です。
口コミプロモーションという言葉が使われるようになったのは比較的最近ではありますが、口コミを活用したプロモーション戦略はインターネットが普及する前からおこなわれている施策です。

◇サービス・ブランドの認知に大きく関与

口コミプロモーションでは、一般消費者目線のクチコミで信頼される情報を低コストでWeb上に発信できます。
クチコミが書かれたブログ記事の場合は、検索結果に表示されるため商品の購入・サービスの契約への後押しになります。
SNSでのクチコミの場合は拡散力が非常に強く、商品購入やサービス契約の訴求はもちろんのこと、認知やブランド力向上に大きく貢献します。

◇ネガティブな口コミがプラスになることもある

口コミプロモーションにおいて、全てがポジティブな口コミだと消費者は違和感を覚えてしまい、購入・契約を躊躇してしまうため、一部ネガティブな口コミを含めることも口コミプロモーションの戦略として挙げられます。
ネガティブな口コミの例としては「〇〇は△△が少し残念だけど、◇◇がすごくいいからずっと利用しています」というように活用します。

プロモーションにおける口コミの重要性

口コミプロモーション

続いてはプロモーションにおける口コミの重要性について解説していきます。

◇日本人は購入・契約時に口コミを重要視する傾向が高い

ある調査では、消費者が商品について検索する際に8割を超すユーザーが口コミサイトを参考にしていると答えというデータもあるほどに、口コミは重要視されています。
世界的に見ても日本人は購入や契約時に口コミを重要視する傾向が強く、「たくさんの人が使っている」「実際に使用している人がいる」と感じると購買につながりやすくなります。

◇情報の信憑性を高める

口コミは情報の信憑性を高める効果も持っています。
口コミによる使用者の声を収集し掲載することで、自社メディアで発信している情報であったとしても、信憑性を高めることができるので、ユーザーの消費行動を促しやすくなります。
実際の利用者だからこそ知っている意外な使用方法なども口コミで投稿されることもありますので、自社では想定していなかった反響を得ることもあります。

口コミプロモーションにインフルエンサーを起用するメリット

口コミプロモーション

最近では口コミプロモーションにインフルエンサーを起用する『インフルエンサーマーケティング』があります。ここでは、その『インフルエンサーマーケティング』のメリットについてご紹介していきます。
インフルエンサーによる口コミプロモーションは、活用方法によっては非常に大きな効果を生み出すことができます。

◇企業によるプロモーションとは違う層に配信可能

インフルエンサーによる口コミプロモーションは、従来の企業がおこなっていたプロモーションでは情報を届けることが難しかった若年層やSNS世代にもプロモーションを届けることが可能です。
特にインフルエンサーが影響力を持っている層は10〜40代がメインとなっており、その層に対しては非常に大きな効果が期待できます。
従来のプロモーションで獲得できていた層に偏りがある場合は、インフルエンサーによる口コミプロモーションと従来の施策を組み合わせることで、幅広い層の顧客を獲得することができます。

◇インフルエンサーのファンを獲得できる

一般的にフォロワーは友人やネット上で関わりのある人であることがほとんどですが、インフルエンサーの獲得しているフォロワーには『ファン』が含まれています。
ファンは一般的なフォロワーよりも消費行動を取りやすく、「〇〇(インフルエンサー)が言うなら情報は確か」「同じものを使用したい」と感じることが多いため、マーケティングやプロモーションにおいては、顕在層として扱われます。
顕在層は商品の購入やサービスの契約を検討しているユーザーですので、新規顧客となることが見込まれるユーザーということになります。

◇従来のプロモーションよりも費用対効果が高い

テレビで放送するCMは番組ごとに視聴者を絞って配信していますが、そのユーザー層は非常に広いものとなっています。
インターネットで配信するディスプレイ広告やYouTubeなどのSNSで配信する広告は、リマーケティングやリターゲティングによってテレビCMよりユーザーを絞ってはいますが、それでもユーザー層は広いと言えます。
しかし、インフルエンサーが獲得しているフォロワーやファンの層に合わせて依頼ができるので、従来のプロモーションや広告よりも高い費用対効果を生み出すことが期待できます。

ただし、インフルエンサーによる口コミプロモーションで高い費用対効果を出すには最適なインフルエンサーを起用(キャスティング)することが重要になります。
フォロワーやファンの層のリサーチに失敗してインフルエンサーの適切な起用ができなかった場合は、従来のプロモーションよりもユーザー層が広い、もしくは外れているユーザー層に配信することになりますので、費用対効果は非常に悪くなる可能性があります。
インフルエンサーを起用する際にはフォロワーの属性をしっかりとリサーチしたうえで口コミプロモーションをおこないましょう。

まとめ

ユーザーに消費行動を訴求する際に口コミは非常に重要なポイントとなっています。
実際のユーザーの口コミを効果的に活用していくことで、高い効果を生み出すことが可能です。
また、インフルエンサーを起用して口コミプロモーションを展開することで費用対効果をさらに高めることができますが、最適なキャスティングができなかった場合は効果が全く出ないということも考えられます。
インフルエンサーを起用する際は、そのメリットとデメリットを考慮したうえで代理店や専門会社への依頼を含めて検討してみてください。